Now Loading...
 
  • 製品・IT

    トラスト トラック盗難防止にポータブル防犯システム「タイガード」

    2014年2月26日

     
     
     

     トラスト(名古屋市中区)は、ポータブル防犯システム「TIGUARD(タイガード)」を製造・販売している。建設現場や資材置き場などでの盗難防止を目的に開発されたが、トラックの車両置き場の防犯対策としても活用可能だ。
     同システムは、センサーで侵入者を検知するとパトライトの光と警報音で威嚇。同時にカメラの映像が管理者側に配信され、スマホなどを通して声で威嚇することができる。異常を知らせるメールは、最大で10人の管理者に配信できる。セキュリティアドバイザーの村瀬恭士部長は同システムについて「セキュリティの要点を凝縮したもの」と自信を示す。


    020609.jpg
     一つのポールにセンサーやカメラがオールインワンで搭載された一体型で、設置が簡単なのも特長。「移動も可能で、宵積みで気になる車両の近くに設置するなど、活用範囲は広い」。カメラは4台まで増設可能で、「夜間だけでなく、昼間の現場管理でも使える」。センサーも増やすことができ、水位計、風速計、緊急地震速報装置も付けられる。
     村瀬部長は、「講じるべきセキュリティ対策は現場ごとに、その都度変わる」とした上で、「特に、入り口を守ることが重要」と指摘。「入り口を『タイガード』で守り、敷地内の要所要所にオプションのセンサーを張り巡らせる方が良い」という。駐車場のトラック盗難防止を目的にした場合は、「運転席や車両の中にセンサーを入れることもお勧めしている」。
     「タイガード」は1台標準仕様で138万円(税別)。リース対応も可能で、「7年リースで月額1万6000円程度」という。
    ◎関連リンク→ 株式会社トラスト

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら