Now Loading...
 
  • 製品・IT

    キナクシス 「RapidResponse」コニカミノルタが導入

    2014年7月19日

     
     
     

     キナクシス・ジャパンは7月18日、コニカミノルタのSCMソリューションにキナクシスのRapidResponseを導入したと発表。
     コニカミノルタにおけるSCM導入への取り組みは2000年頃から始まり、08年には「一元管理型SCM」と呼ばれる仕組みを導入し、情報機器本体とオプション、消耗品のPSI(生産・販売・在庫計画)を台数ベースで一元管理するシステムと運用プロセスを構築した。以来、製品の安定供給に貢献するシステムとして稼働してきたが、いくつかの課題も出てきたという。コニカミノルタのSCMセンターSOM企画グループ長の太田登氏によると、「当時の一元管理型SCMは台数ベースの管理であったため、需給調整によって台数を変動させたとしても、それが事業収益にどれだけの影響を与えるかが見えないという課題があった」と振り返る。


     課題を解決し、S&OP(事業連携強化型SCM)へと改革するために、台数から金額ベースの管理に置き換えること、週単位から日単位の計算が可能なSCMに変更するということなどが求められた。12年4月、新SCMの構築がスタートし、13年8月にRapidResponseを活用したシステム構築が完了。同社と日米欧の販社、日中をはじめとする生産拠点を結ぶ新たなグローバルSCMが稼働を開始した。
     導入の効果を太田氏は「五つのシステムを一つに統合することで、運用に必要となるスキルを絞れたのは大きな効果。ハードウェアや運用の人員、サポートコスト面からも良い効果が出ている。週単位の計算から日単位に変わったこと、輸送などの実績が反映できるようになったことで、PSIの精度が格段に上がったというユーザからの評価の声も多く集まっている」と話す。レスポンスに関しても「PSIデータをダウンロードする時に、従来のシステムでは2時間くらいかかったが、RapidResponseでは数分で落とせるようになった」と評価する。
    ◎関連リンク→ キナクシス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら