Now Loading...
 
  • 製品・IT

    日本液体運輸がミシュランのシングルタイヤ「XOne」を採用

    2014年11月27日

     
     
     

     日本ミシュランタイヤはこのほど、トラック・バス用シングルタイヤ「XOne(エックスワン)」を、日本液体運輸(東京都中央区)がタンクローリーの新車装着タイヤとして採用したと発表。
     同タイヤは、トラックの後輪に装着されているダブルタイヤを1本にするというコンセプトで開発されたもので、1車軸あたり約100kgの軽量化を実現するとともに、駆動軸でも使用できるということで導入企業が増えている。
     関東を中心に液体輸送を展開する日本液体運輸も、車両の軽量化による輸送効率化と燃費改善を期待し、自社が導入する車両総重量22トンの大型タンクローリーの後輪2軸に採用。同社の巽俊社長は、「最大積載量が確保でき、ポンプ装置などオプション選択の自由度が増した」とし、「転がり抵抗が低くなることで燃費低減やCO2削減も可能になった」と語った。


    102803.jpg
    ◎関連リンク→ 日本ミシュランタイヤ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら