Now Loading...
 
  • 製品・IT

    オーニット オゾン除菌消臭機「剛腕」シリーズ

    2015年2月27日

     
     
     

     オゾン専業メーカーのオーニット(仁戸田昌典社長、岡山県赤磐市)は、様々な消臭に役立つオゾン除菌消臭機「剛腕シリーズ」を製造・販売している。
     同社は岡山県工業技術センターとの共同研究体制で、安全性を第一に優れたオゾン関連製品を開発。産・官・学共同で高性能の商品を生み出している。
     「剛腕シリーズ」は何よりオゾンの強力な酸化力が特長。同社のオゾン技術は運送事業者の物流倉庫やトラックの荷台の消臭はもちろんのこと、ホテルの客室の消臭、使用後のレンタカーの消臭などにも使用されている。


    123101.jpg
     営業部長の池奥誉志也氏は「例えば、タイヤを運んだトラックで食品を運ぼうとすると、1週間程度は荷台の換気が必要だった。『剛腕シリーズ』を使用すれば短期間で食品を積み込む状態にできる。密閉される荷台独特のカビ臭にも対応可能」と話す。
     また、「原料は空気のみで薬剤を一切使用していないため、残留物がなく低コスト。電気代以外のランニングコストがかからない」と、特長について説明する。「オゾンによる消臭は、悪臭をほかの臭いで包み込む(マスキング)芳香剤と違い、悪臭自体を分解するため、悪臭の元を残さないのも特長」。
     製品価格は、オゾン発生量1000mg時タイプが5年リースで月々約7000円、2000mg時タイプが同月々約1万1000円。
     池奥部長は「まだまだ運送事業者からの問い合わせは少ないが近年、運送事業者が進出している遺品整理の分野では『剛腕シリーズ』はよくご利用いただいている」という。
     他社製品との違いについて「酸素からオゾンをつくることは容易だが、安定して大量に生成することは難しい。弊社のオゾン発生装置は温度60度、湿度90%という過酷な条件試験でも5000時間以上の使用が可能という優れた耐久性を実現している。オゾン発生機の完成品だけでなく、オゾン発生装置を大手電気メーカーの洗濯機などに使用していただいている。オゾン発生装置は岡山県と共同で、日本、アメリカ、中国で特許を取得している」と話す。
     なお、同社は、オゾン水生成機「サニアクリーン」も製造しており、池奥部長は「生成したオゾン水はトラックの荷台を洗う際などに使っていただけたら」とコメントする。
    ◎関連リンク→ オーニット株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら