Now Loading...
 
  • 製品・IT

    オプティムとテレパシージャパン スマートグラス発売、遠隔作業を支援

    2015年9月4日

     
     
     

     ビジネス向けスマホアプリを手掛けるオプティム(東京都港区)と、アイウェア型ウェアラブルデバイスを開発するテレパシージャパン(同中央区)は8月5日、世界に先駆け実用化した遠隔作業支援専用スマートグラス「Remote Action」の発売を開始した。
     同製品は、オプティムの遠隔作業支援サービス「Optimal Second Sight」と、テレパシージャパンが開発したウェアラブルデバイス「Telepathy Jumper」を融合したもの。遠隔地にいる専門知識を持ったオペレーターが現場作業者の目の前の状況をリアルタイムの映像で確認でき、きめ細かいサポートが可能になる。専門性の高い人材育成に課題を抱えていたり、人手不足やサポートコストの増加で悩む事業者の課題を解決する。


    090805.jpg
    ◎関連リンク→ 株式会社オプティム

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら