Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ウイット デジタコデータ利用のシステム、簡単に労務管理

    2016年1月21日

     
     
     

     ハイブリッド式クラウド型運行管理システムの販売を手掛けるウイット(橋爪利彰社長、大阪市淀川区)は、デジタルタコグラフのデータを活用して労務管理が行える「労務管理システム」を販売している。
     同システムは既存のデジタコを活用し、パソコンに専用ソフトをインストールするだけでデジタコの日報データを読み取り、簡単に労務管理が行えるシステム。設定や操作がスムーズに行えるようにシンプルな画面デザインで開発されている。
     使用方法は、デジタコの日報データを読み取り、労務管理帳票ボタンをクリックするだけ。管理状況表や労務状況チェックリスト、年間集計表、拘束時間管理表が出せる。労働時間を超過すると黄色、橙色、赤色と3種類の色分けで警告が表示される。


     管理帳票は、日時と登録しているグループ別に項目をクリックすると、所属している人の名前が表示され、個人の労務時間の検索が簡単にできるほか、乗務員別出力項目では労働日数、所定労働時間、所定外労働時間、休日日数などが細かく表示され、見やすく帳票に出すことができる。
     また、労務状況チェックリストは、所属部署や乗務員名、違反日や違反時間など、違反した日時や個人名に加え所属名が表示され、労務改善に役立てられるデータの表示が可能なほか、各社の物流形態にあった労務管理設定も行える。
     橋爪社長は「労務帳票を出力するだけでは効果は出ないと思い開発した。表の中で簡単に見分けられるように色別で違反状況が確認できる仕組みにすることで、仕事内容の見直しや荷主への業改善提案へつなげてほしい」と提案する。
    ◎関連リンク→ 株式会社ウイット

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら