Now Loading...
 
  • 製品・IT

    極東開発工業 パワーゲートモデルチェンジ

    2016年3月14日

     
     
     

     極東開発工業(兵庫県西宮市)は、後部格納式テールゲートリフタ「パワーゲートGⅡ1000/GⅢ1000」(最大許容リフト1000kg)をモデルチェンジし、2月1日から発売。
     今回のモデルチェンジは、従来型では車両側面の右舷側に別体設置であったパワーユニット(パワーゲートの動力源)と、同じく左舷側に別体設置だったスイッチボックスを一体化して本体に内蔵することで、スマートな外観と工具箱などの艤装品取り付けスペースの拡大を実現。そのほか、使用状況などが一目で分かり、サービス性の向上を実現するLEDディスプレイをスイッチパネル内に新設した。
     さらに、積み荷を確認しながら自由な位置でパワーゲートを操作可能なパルコンⅣ(ワイヤレスリモコン)を標準装備し、荷役作業時の操作性と安全性の更なる向上を実現している。


    021502.jpg
     テールゲートリフタは、トラック荷台の後部に取り付けたテールゲートが地面と荷台の間を昇降する装置で、荷物の積み下ろし作業の効率化・省力化が図られる。
    ◎関連リンク→ 極東開発工業株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら