Now Loading...
 
  • 製品・IT

    フェニックス シートリーダーの新モデルを発売

    2016年4月19日

     
     
     

     フェニックス(東京都千代田区)は、納品書などのバーコード伝票を自動で一括入力するシートリーダーの新モデル「AX300」を4月1日に発売。
     同製品は、機器本体に納品伝票の束をセットするだけで、伝票のバーコードデータを一括で読み取ることが可能。用紙の重送検知やデータの誤りチェック機能も搭載されているため、入力ミスや入力漏れも防止する。同社の調査では、データ入力の作業工数が10分の1以下に減り、ほぼ全てのユーザーで入力ミスがゼロになったという。


    032804.jpg
     また、従来製品は伝票の搬送上にバーコード専用スキャナーを搭載していたためバーコードの印字範囲に制限があったが、同製品はCIDスキャナーで伝票全面をスキャンするため、バーコードが伝票のどこに印字されていても自動で識別して読み取ることが可能。バーコードの印字ずれに対してもスキャナー位置を調整せずに自動識別で正常読み取りができるという。さらに、1枚の伝票に一次元バーコード、二次元バーコードが混在していても読み取ることが可能。一次元バーコードの縦印字、横印字の混在も一括で読み取る。
    ◎関連リンク→ 株式会社フェニックス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら