Now Loading...
 
  • 製品・IT

    東京スター銀行 商用車担保ローンなど新たな資金調達法を提案

    2016年6月29日

     
     
     

     東京スター銀行(東京都港区)は中小企業向けに、所有する事業用トラックを担保にできる「商用車担保ローン」を提供している。中小企業ABLを担当する山﨑正博氏に話を聞いた。
     スタートから4年が経過する同ローンの取り扱い件数は、バスなども含めた商用車全体で150件を突破。中心は貨物車で、「関東と関西の案件が多いが、九州や北海道からも問い合わせが来ている」という。
     平ボディーやアルミバンはもちろん、タンクローリー、ダンプ、冷凍・冷蔵、ミキサー、キャリアカーなども対象。同氏は、「車両を担保に資金を貸し出す仕組み。人件費や税金の支払いだけでなく、自損・物損事故の修理費用に充て、保険料が上がらないように活用されるケースもある」と説明する。


    052602.jpg
     融資額は100万円から2億円まで。「1〜2台を担保に融資を受けている事業者もいれば、約30台で数千万円を借り入れているケースも」。所有権の移転登録が必要となるため、リースアップした車両が対象。「10万キロ、20万キロ走っていても走行距離は問わない」。ドライバー不足でいわゆる「寝ている車両」でも、ナンバーが付いていれば担保対象となる。
     「エリアによって大きく価値が変わる不動産と異なり、トラックは、同じ年式の車両であれば日本全国、どこでも価値はそうは変わらない。どなたにも使いやすい仕組み」。なお、これまでは融資を受けるには同行に来店する必要があったが、今年2月からは郵送での契約も可能になった。
     実車の査定はなく、申し込み時に必要なのは車検証をファクスするのみ。最長でも3営業日で査定額が提示され、次のステップに進む場合は、いくつかの資料提出が求められる。同氏は、「評価は無料なので、気軽に相談いただきたい」と話す。
     また、「トラックの台数はあるが、リース中のものが多い」「車両の査定額以上の資金を必要としている」などの事業者に提案しているのが、「売掛債権担保ローン」だ。運送業の売掛金、つまり「運賃」を担保としたローンだが、「荷主への通知を不要とする方法もあるため、気軽に利用いただける」と同氏は説明する。また、大口の売掛債権だけでなく、「中小の荷主であっても、分散していること、つまり取引先の『数』を評価するのもポイント」。第三者保証や不動産などの物的担保も不要。
     これらの商品を通じ、「他にはないさまざまな融資方法を提案し、トラック運送業界の資金需要に臨機応変に対応していく」と語る同氏。「メーンバンクから思ったような融資を受けられない場合、動産や債権を担保にするのも一つの手。面倒と思われるかも知れないが、新たな資金調達先が増えるメリットは大きいはず」と訴える。
    ◎関連リンク→ 株式会社東京スター銀行

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら