Now Loading...
 
  • 製品・IT

    トランテックス 冷凍バンの組立工場稼働

    2016年7月29日

     
     
     

     架装メーカーのトランテックス(原田泰彦社長、石川県白山市)はこのほど、冷凍バン新組立工場のラインオフ式を実施。日野自動車の河﨑俊哉参与をはじめ、多数の関係者が列席した。
     新工場は敷地面積約4400平方mで、既存工場に最新設備を導入し、大中小型の冷凍バン(計量フラットパネルタイプ)を生産品目に設定。生産台数も従来の年間1000台から1500台と1.5倍を見込む。同社全体で年間1万台を超える生産能力を実現する。投資額は4億3000万円。
     現在、トラックの納期が遅れがちだが、架装メーカーの生産能力が一因として挙げられている。同社は新工場稼働による納期短縮を目指すため、今回の設備投資に踏み切った。
     ラインオフ式のあいさつで海川昇社長(株主総会前)は「旧日野車体工業を分社して、トランテックスになり今年で14年。バスプレス工場だった本工場を、冷凍バン専用の組立工場にリニューアルした。最新の接着パネル製造設備を導入し、冷凍バンの生産台数をアップさせるだけでなく、生産を集約することで、ほかの車型の増産にもつながり、金沢工場全体での生産能力が向上する」と強調した。


    071105.jpg
     来賓の河﨑氏は「優れたボディーを効率よく作ることが、お客様のニーズに応える重要な部分。物流を支えるという強い志で、安全に作業に努めてほしい」とエールを送った。
     関係者によるテープカット、くす玉割りが行われ、今後の発展と安全を祈願した。
    ◎関連リンク→ 株式会社トランテックス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら