Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ニッコー 生鮮物流に革新、シルクアイスで鮮度保持

    2017年6月12日

     
     
     

     食品加工機械の企画開発・製造販売を手がけるニッコー(佐藤厚社長、北海道釧路市)は、連続式シルクアイスシステム「海氷」により、革新的な生鮮物流を提案する。
     シルクアイスとは、海水を冷却したシャーベット状で流動性がある氷。粒子は数ミクロン~数十ミクロンと極めて細かく、滑らかな手触りで魚体を包み込み素早く冷却する。冷却速度は砕氷の約7倍と非常に早く、マイナス温度を長く保つのも特徴。鮮度維持に不可欠な「魚の暴れ防止」と「低温保存」を共に実現する。
     シルクアイスを活用して、道東沖で取れたサンマを台湾へ輸送する実証実験を行った際は、3日間の輸送の後でも現地で刺身として美味しく食べられることを確認。鮮度保持が難しい青魚でも、シルクアイスによって長距離の高鮮度輸送を実現できることを証明した。


    052305.jpg
     また、高鮮度コールドチェーンの体制を築くことで、商品の付加価値を高めることも可能になる。
     海氷は、船舶、加工場、市場など用途や地域にあわせた7タイプを用意している。
    ◎関連リンク→ 株式会社ニッコー

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら