Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ソリトンシステムズ 輸送情報をトレース

    2017年8月31日

     
     
     

     ソリトンシステムズ(東京都新宿区)は、温度や湿度、衝撃など、輸送中の荷物に関する情報をリアルタイムでトレースできるシステムを開発。今後、量産化をめざすという。
     同システムは、センサーユニットを外箱やカゴ台車などに取り付けて使用することを想定。電源はマイナス30度で安定した電圧を出せるリチウム乾電池を採用。約2年間という長期間にわたる連続動作を実現している。また、リチウム乾電池を持ち込めない航空機輸送に対応するため、ボタン電池による動作も可能な設計となっている。
     センサーユニットには大容量の内蔵メモリーを搭載。通信が途絶えた場合、データを40日間内部に記録する。データはBLE(Bluetooth Low Energy)通信により、スマートフォン経由でクラウドサーバーに送信。位置情報はスマホのGPSと紐付けて取得できる。送信されたデータはブラウザ経由で閲覧でき、管理画面は契約ごとに設けられ、PDFやExcel形式のデータに落とし込み、レポートとして加工することも可能。


    082803.jpg
     物流会社と共同で開発を進めたという同製品。新規事業部の大平勇典氏は、「冷凍輸送は、きちんとした温度管理が求められるため、マイナス20度のボックスに入れて使用される想定でスペックを整えた」と説明する。
     同氏は、「荷物の受け渡し後に、顧客から『商品が壊れていた』『生鮮食品が腐っていた』とクレームが入っても、ロガーを入れておけば、『しっかり管理していた』というエビデンスとして使える」と説明。貨物保険を使う際にも、「『○G以下の衝撃で走っていた』といった証拠として提出することは、責任の所在を明確にするためのひとつの手段となり得る」と話す。
     センサーユニットの価格は1個3000円で、別途月額利用料が必要。「現状では、コンテナやかご台車といった単位での運用を想定しているが、量産化してコストダウンが図れれば、ダンボール箱1つずつに付けることも可能になっていくだろう」と展望する。
     大平氏は、「当社はITセキュリティの製品群を手掛けている。今回開発したセンサーユニットとセキュリティの技術を組み合わせ、堅牢なシステムを提供していきたい」と語る。
    ◎関連リンク→ 株式会社ソリトンシステムズ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら