Now Loading...
 
  • 製品・IT

    アイエスピー ながら運転の抑止技術開発

    2017年11月20日

     
     
     

     アイエスピー(松村敏郎社長、横浜市西区)は、スマートフォンやタブレット端末が自動車や電車などの「乗り物」に乗っている状態にあることを検知する技術を開発した。
     検知には「地磁気センサー」のコンパスの機能を利用。「乗り物に乗って発車する際には、磁場が大きく乱れる」という現象をもとに乗車を判定し、加速度センサーとGPSの情報も加味した上で最終的なジャッジを下すという。
     乗車から約45秒、降車は即時検知することが可能。また、静止(端末を放置した状態)と停止(乗り物が停止している状態)を判別することもできるという。


    102711.jpg
     「状態検知」は、同社が長年にわたって開発研究を続けてきた分野。今回は中でも「乗り物」に特化し、松村社長が自ら企画し、エンジニアと一緒に技術を作り上げてきた。同社長は、開発の経緯について「もともとは、児童らの誘拐が防げないかと、人助けの思いで開発した技術」と語る。「子どもが車に乗った時には、持たせておいたスマホからメールが来る。親御さんが『うちの子は車になんか乗らない。おかしい』と思って電話を掛けてみると、『友達のお父さんに乗せてもらっている』など状況が分かるし、万一、電話に出なければ誘拐の可能性を疑える」と活用のイメージを説明する。
    102710.jpg
     当初は犯罪抑止目的で開発した同技術だが、重大事故の要因となる「ながら運転」の抑制でも利用拡大をめざす。乗っている状態を検知した際、スマホ画面に「ながら運転の注意喚起」を掲示したり、アプリに組み込むことでそのアプリの操作にロックをかけるなど、さまざまな活用方法が考えられる。
    ◎関連リンク→ 株式会社アイエスピー

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら