Now Loading...
 
  • 製品・IT

    souco 物流施設大手3社と連携、3万5000坪を確保

    2017年10月29日

     
     
     

     物流施設・倉庫の空きスペースを抱える企業と、スペースを必要とする企業とのマッチングサービスを提供するsouco(中原久根人社長、東京都千代田区)は10月16日、同社が展開する物流倉庫のシェアリングサービス「souco」を新たにオープンβ版として、一般公開を開始した。
     先行して実施したクローズドβ版ではプロロジスの協力の下、共同で試験的にマッチング業務を開始。今回、新たにグローバル・ロジスティック・プロパティーズ、大和ハウス工業が加わり、ユーザーの利用可能総面積が3万5218坪へと拡大した。


    102809.jpg
     オープンβ版では、立地、料金、利用期間、設備条件などの条件を設定し、最小50坪、1か月単位から要件に合致した倉庫を検索、申し込みをすることが可能。同社では、「登録面積を拡大したことで、より広範囲で大規模に倉庫を探すことが可能となり、多様な倉庫需要にお応えできる」とコメントしている。
    ◎関連リンク→ 株式会社souco

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら