Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ZMP 物流支援ロボット「キャリロ」、牽引機能の受注開始

    2018年3月25日

     
     
     

    ZMP(東京都文京区)は3月1日、自動運転技術を台車に応用して開発された物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」の牽引機能の受注を開始したと発表。牽引のアタッチメントを使用することで、300kg程度のロールボックスパレット(カゴ台車)や六輪台車(スリムカート)などの牽引が可能となる。

    同社は、作業者を自動追従する「カルガモモード」での同機能の活用を想定。「作業者は同製品の前方を歩くだけで重い荷物を積載した台車が搬送でき、作業負荷の軽減、搬送効率の向上に貢献できる」としている。

    また、台車側に固定されるアタッチメントは、台車の幅に合わせて調整でき、「簡単な脱着と現場に合わせた柔軟な対応を実現した」とする。

    ◎関連リンク→ 株式会社ZMP

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら