Now Loading...
 
  • 製品・IT

    豊田通商 熱中症対策や省エネに「大型物流施設用ファン」

    2018年10月18日

     
     
     

    豊田通商(名古屋市中村区)は、大型物流施設用HVLS(大風量低速回転)ファン「POWERFOIL(パワーフォイル)X3.0」を展示した。ファンの回転するスピードではなく、大きさと風量にこだわっているという同製品。巨大な羽根で、より多くの空気をとらえることで、天井が高く、面積が広い空間でも対流を生み、大規模な風の流れを作り出す。

    推奨範囲は1600平方m。同社担当者は、「通常の扇風機の50台分の風量に相当する」と説明。「隅々まで届く気流を作るため、低速で回転させている」

    同製品は、「体感温度を約3〜5度下げられ、熱中症対策に効果的」で、「エアコンの設置が難しい場所はもちろん、エアコンとの併用で空調コストを10〜30%削減でき、省エネ効果も期待できる」としている。

    ◎関連リンク→ 豊田通商株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら