Now Loading...
 
  • 製品・IT

    アーコニック・ジャパン 磨かずに輝き持続、アルミホイールで負荷軽減

    2018年11月22日

     
     
     

    2016年11月にアルコア・ホイール・プロダクツ・ジャパンから社名変更したアーコニック・ジャパン(東京都千代田区)は、「アルコア・ホイール」をアルミホイールのブランド名として、変わらず製造・販売している。ホイール事業部でコマーシャルダイレクターを務める野島公士氏は、「アメリカの本社は、『アルミ』を発見した人物がのちに設立したと言われ、世界では『アルコア=アルミホイール』という認識が広まっているほど。世界ナンバーワンブランド」と胸を張る。

    主力商品の一つ「アルコア・レトロフィット・マウンティング・システム(ARMS)」は、「スチールホイールからアルミホイールに切り替えが容易なため、後付けされたいユーザーに好評」と語る。ボルト穴を32mmと、通常のアルミホイールの26mmより大きくすることで、スチールホイール用ボルトのまま装着が可能。「通常のタイヤ交換と同様の作業で装着でき、時間短縮が図れる」という。

    「アルコア・デュラブライト」は、独自技術で表面に特殊加工を施すことで、「剥がれ、ひび割れ、腐食などが起こりにくい」という。「日々の軽い汚れなら水洗いで、しっかり洗う場合も食器用で使われる中性洗剤で洗浄できる」とし、「磨く作業なしで、購入時の輝きを持続しやすい」と語る。

    「洗車時間が短くなり、ドライバーの負荷軽減はもちろん、時間外労働の短縮や水道、洗剤のコストダウンが図れ、経費削減につながる」とアピールする同氏。「いすゞの新車装着ホイールに設定されるなど、支持をいただいている」

    「足回りの清潔感は、荷主への安心感につながる」と話す野島氏。「アルミホイールで軽量化し、コストを削減することで健全経営はもちろん、ドライバーに還元するなど、採用活動の一助にもなるのでは」と語った。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら