Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ソルブブレイン 岡本拓弥氏「運送業者とパートナーに」

    2018年11月27日New!!

     
     
     

    「運送事業者に対して、効果的な車載機器やシステムの活用方法と併せ、法令などの正しい知識を提供し、パートナーとして活動していきたい」と話すのは、物流システムの開発・販売を手がけるソルブブレイン(照井徹社長、札幌市白石区)の岡本拓弥氏。

    営業部第一営業課の主任として、主に道内の運送事業者に向け、デジタコ・ドラレコをはじめ、物流システムの提案・営業を行っており、8月26日に行われた運行管理者試験(合格率28.7%)を受け、見事一発で合格した。

    「2〜3年ほど前から運行管理者の資格に漠然と関心をもっていた」中で、実際に受験を決めたのは今年5月。札幌市内で開かれた物流業界の講演を聴講し、「荷主企業でも従業員に運行管理者の資格を積極的に取得させている」事例に刺激を受け、挑戦を決意。社内の理解もあり、平日3日間にわたって行われる基礎講習も「問題なく修了できた」。

    これまで運送事業者と多く接してきた経験から、「関係法令などの知識は、あらかじめ頭に入っていた」ため、勉強もスムーズに進んだ。「知識を覚えるよりも、試験の出題傾向に慣れるという対策だった」。

    資格取得で、「運送業界に関する法令などを正しく理解していると見える化できた」とし、「法令や規制は毎年変わっていくので、こういった動きも正確にフォローし、適切に情報提供を行いながら、運送事業者のパートナーとして、最適な提案や取引につなげたい」と話す。

    同氏は現在、各種システムの営業のみならず、ヒヤリハット映像を活用した社内教育のサポートにも注力。「ドラレコ映像の使われ方として、事故があった場合に確認するだけのケースが少なくないが、事故をなくすためには、自社で発生したヒヤリハット映像を素材とし、社内で活発な意見交換することが効果的。このような教育方法の導入支援も広げていきたい」としている。

    ◎関連リンク→ ソルブブレイン株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら