Now Loading...
 
  • 製品・IT

    MUJIN ティーチレスデバンニング実用化へ、動作計画技術を活用

    2018年11月29日New!!

     
     
     

    知能ロボットコントローラーメーカーのMUJIN(滝野一征代表取締役CEO、東京都墨田区)は現在、モーション・プランニング(動作計画)技術を用いた世界初のティーチレスデバンニング(荷下ろし作業)の実用化を進めている。

    物流業で自動化が一番難しいとされているデバンニング作業だが、同社は年明けに実証実験フェーズに入る予定。現在、課題となっている作業スピードと安定性に力を入れて開発を行っている。

    同社は、「全ての人に産業用ロボットを使っていただける時代にしたい」との考えのもと、ロボットに動作を教えるマニュアルティーチング作業を必要としないモーション・プランニング技術を用いたロボットコントローラーの開発を行っている。ティーチレス技術なしでは自動化が難しかった物流業界で、アスクル(岩田彰一郎社長、同江東区)の物流センターにピースピッキングシステムを導入。ロボットが多品種のものをピッキングするには、ティーチレスの技術が不可欠となっている。

    そのピースピッキングソリューションのユーザーインターフェイスがこのほど一新された。誰もが簡単にロボットを使えることができるように、ロボットが動作する環境(ロボットが認識する世界)、画像の認識データ、ワークピースの情報(作業する対象物の登録情報)、ロボットの作業工程などの可視化がより詳細になった。

    ◎関連リンク→ 株式会社MUJIN

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら