Now Loading...
 
  • 製品・IT

    日本通運 「e-決済サービス」に決済手段2種追加

    2004年3月1日

     
     
     

     日本通運は1日、「e-決済サービス」に15日から新たに2種類の決済手段を追加すると発表。同サービスは、日通商事が展開する「アロッズペイメントサービス」を利用し、商品代金決済をワンストップでサポートするシステム。現在の決済手段は、代金引換・クレジットカード・コンビニでの支払い・郵便振替・銀行振込の5種類。今回、運輸業界の決済サービスでは初となる「ネットバンク」と「ネットコンビニ」を追加する。
     「ネットバンク」はジャパンネット銀行と提携。同銀行の口座を持つ顧客であればインターネット上でリアルタイムに代金を送金でき、手数料も一般の銀行振込と比較して低額となる。また、「ネットコンビニ」は払込依頼書を顧客側のプリンターで印刷できるため、印刷後すぐにコンビニへ入金に出向くことが可能となる。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら