Now Loading...
 
  • 製品・IT

    住友スリーエム SCの実行系ソフトウェア「ハイジャンプ」

    2006年4月13日

     
     
     

      住友スリーエム(東京都世田谷区)はサプライチェーンの実行系ソフトウェア「ハイジャンプ」の販売を開始し、ソフトウェア分野へ進出した。
     「ハイジャンプ」は、倉庫管理やイベント管理、製造管理、RFIDなどの機能別モジュールで構成されたWEBベースのサプライチェーンの実行系ソリューション。統合されたインターフェイスで、標準的なERPだけでなく、企業独自のシステムとシームレスな連携運用が可能。システム自体も、ユーザーの戦略変更や外部環境の変化に伴って機能を自由に構築できる設計となっている。
     また、新技術やサービスの導入時にソースコードを変更する必要がなく、迅速な対応が可能。一般的に数か月かかるといわれるアップグレードも、数時間で行うことができるという。
     同社では、同ソフトウェアの導入効果を検証するため、テープ製品やファスナー製品の製造を展開する岩手スリーエムで導入プロジェクトをスタートさせている。
     3M社は、SCM実行系ソフトウェア市場で全米トップクラスを誇っていたハイジャンプ社を2004年1月に買収。以後、独立した法人として事業を展開しており、3M社の製造拠点へソフトウェアを導入するなどしている。
     同社のソフトウェアは、米国を中心に七百を超えるサイトで採用されており、その中には日本のエレクトロニクス企業も含まれているという。
     なお、同社では4月21日(東京)・同24日(大阪)に、「ハイジャンプ」を紹介する無料セミナーを開催する。
    詳細は、同社HP、http://www.mmm.co.jp/

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら