Now Loading...
 
  • 製品・IT

    沖電気・NYKロジ・HILLS パッシブ型温度センサRFIDタグを開発

    2006年4月20日

     
     
     

     沖電気工業(篠塚勝正社長、東京都港区)、日本郵船の関連会社NYKロジスティックスジャパン(深津正彦社長、同千代田区)、HILLS(坂井清明社長、同港区)は19日、商品の輸送や保管に使われる定温輸送器に装着可能な、電池の要らないパッシブ型温度センサRFIDタグの開発に世界で初めて成功したと発表。
     同商品は、温度センサとRFID用LSIで構成。電磁波を遮断する保冷材で覆われた容器でも、開封せずに内部の温度を検知できる。また、世界で初めて電池不要で、防水設計となっているため、長期間繰り返し使用することができる。
     試験販売は2006年10月、量産出荷は2007年3月から。2008年度までに100万個の販売を見込む。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら