Now Loading...
 
  • 製品・IT

    NEC・NECトーキン UHF帯RFIDリーダライタの販売活動を開始

    2006年4月25日

     
     
     

     NEC、NECトーキンはこのほど、「EPCグローバル UHF Gen2」と改正国内電波法に準拠したUHF帯RFIDリーダライタの販売活動をスタート。9月までに出荷を開始する。
     同製品は、NECトーキンと、NECが提携した米・Impinj, Inc.(インピンジ社)が共同開発したもの。NECでは今後、同リーダライタとEPCグローバルの仕様に準拠した自社のRFIDミドルウェア「RFID Manager」との連携機能を強化し、UHF帯RFIDを使った各種ソリューションの開発を積極的に行っていく。
     また、NECのパソコンを生産するNECパーソナルプロダクツの米沢事業場で新たにUHF帯のリーダライタを活用し、その実証成果をもとに実践的なノウハウに基づいたソリューションの提供体制を整備していくとしている。
     UHF帯RFIDは通信距離が最大6mと長く、広範囲な通信が可能であることから、製造・物流を中心としたサプライチェーンの効率化を実現するものとして注目を集めている。米国では既に、大手流通業者などがUHF帯RFIDを活用しており、今後は世界各国の企業で利用が進むものと見込まれている。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら