Now Loading...
 
  • 製品・IT

    マッドジャパン 『インターロック・デモンストレーション』を開催

    2006年5月30日

     
     
     

     飲酒運転の根絶をめざすNPO法人MADDJapan(マッドジャパン)は5月29日、日本自動車会館で『インターロック・デモンストレーション』を開催。
     『インターロック』とは、運転手の呼気からアルコールを検知すると、自動車のイグニッションキーをロックし、運転できなくするシステム。走行中も不定期に呼気チェックを促す警告音が鳴り、運転中の飲酒も防ぐ。
     同システムはアメリカやカナダの多くの州では既に法制化されており、警察や裁判所、免許センターなどと連携し、飲酒運転の再犯者に対する矯正プログラムとして成果をあげている。
     また、スウェーデンでは、2012年よりすべての新車に同システムの搭載を義務づけることが決まっているという。
     同団体の飯田和代代表は、「日本では、長距離ドライバーの飲酒運転による重大事故が深刻な問題になっている。トラックやバスなどの営業用車両への装着が法制化されるよう、関係省庁や団体へ働きかけていく」と語った。
     「MADD」は、アメリカで我が子を亡くした母親たちが1980年に発足した、世界で最も大きい犯罪被害者の救済組織。テキサスに本部を置き、全米だけでも600の支部と300万人以上の会員が活動をしている。
     飲酒運転によって生じる様々な問題に対処するとともに、未成年者の飲酒が招く悲劇をなくすよう、青少年のためのプログラムを組むなど、彼らの人生を酒とドラッグから守る努力を続けている。
     日本での代表を務める飯田さんも、1997年に次女・みづほさん(享年20歳)の命を飲酒運転のドライバーに奪われている。
     同団体のHPは、http://www.beasys.co.jp/

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら