Now Loading...
 
  • 製品・IT

    マンハッタン・アソシエイツ WMSをバージョンアップ

    2006年6月22日

     
     
     

     マンハッタン・アソシエイツ(アーノルド・コンセンコ社長、東京都港区)は6月22日、主要製品であるWindows版WMSのメジャーバージョンアップを行い、名称を一新して出荷を開始すると発表。
     新製品名は「Warehouse Management,built on Microsoft.NET」。引当とピッキングにかかる処理時間を大幅に削減、UNIX版に匹敵する性能を実現し、大規模物流への充分な適応が可能となった。
     また、複数のデータベースに対応、ロットマスターや労務管理機能を強化したほか、レポーティング及びイベント管理機能、RFID機能、ラベル生成機能、ユーザーインターフェース、印刷機能なども強化した。
    ◎関連リンク→マンハッタン・アソシエイツ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら