Now Loading...
 
  • 製品・IT

    NEC 輸送品質保証に貢献するタグ実験開始へ

    2006年10月17日

     
     
     

     NECは17日、JA大分ひたとJA全農おおいた、大分県産業科学技術センターともに、大分県特産の「日田梨」を中国・台湾へ輸送する過程で温度・湿度・衝撃値をセンサタグで記録、品質保証に役立てる国内初の実証実験を開始すると発表。
     大分県と日本園芸農業協同組合連合会が協力する。
     同実験は、「平成18年度ブランドおおいた海外取引促進事業」の一環として行われるもの。温度・湿度・衝撃の変化を自動的に記録するセンサタグ(データロガー)の計測データを、輸送後にパソコンで管理し品質検査を実施。「食の安全」と日田梨の「ブランド強化」の同時実現を目指す。
     同実験は10月から2か月間を予定しており、その後は実験結果を踏まえて本格的な導入も検討するとしている。
     NECはこれまでも東北大学と共同で、片山りんごの高級りんご海外輸出において、温度センサRFIDを活用した品質管理システムを構築した実績をもつ。
    ◎関連リンク→NEC

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら