Now Loading...
 
  • 製品・IT

    DNP 「ICタグ実験工房」移転リニューアル

    2006年11月6日

     
     
     

     大日本印刷(DNP)はこのほど、東京都新宿区に開設していたICタグ関連ソリューションの展示・体験施設『ICタグ実験工房』を品川区に移転した。
     同施設は、顧客企業がICタグの基本機能を把握し、機器・サービスの両面でシステム導入を検討できるICタグに関する総合ショールーム。各種ICタグ(13.56MHz帯、2.45GHz帯、UHF帯、アクティブタグ、温度センサータグ)のサンプルや実証実験への取り組み事例、トレーサビリティシステムの概要などを展示している。
     また、ICタグの実物を使って基本的な機能を紹介するとともに、実際に稼動している事例を紹介し、導入イメージを顧客企業が把握しやすくしている。
     さらに、同社ではリニューアルした同工房に、デモシステムや開発機材の展示スペースに加え、顧客企業が管理したい実際の製品にICタグを貼り付け、読み取りテストが行える実験スペースを新設している。
     DNPは、2003年10月に『ICタグ実験工房』を新宿区と大阪市北区にオープン。東京の同工房では、これまでに750社を越える企業との商談や開発協議などが行われている。なお、同施設は一般非公開となっている。
     詳細は同社HP、http://www.dnp.co.jp/ictag/

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら