Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ロジックアート 低価格・定額制の移動体管理システム『イチワカマル』

    2007年6月19日

     
     
     

     「低価格・定額制」を打ち出した新たな移動体管理システム『イチワカマル』。開発を担当したロジックアート(東京都新宿区)の土肥稔社長(写真中央)は、「これまで、コストの問題で動態管理システム導入に踏み切れなかった中堅・中小の事業者様にぜひお使いいただきたい」と意気込みを語る。


     同システムは、ドライバーに同システム専用の移動体端末を携帯させることで、5分ごとの位置情報を事務所側のPC上で把握できる仕組み。また、呼び出しブザーを鳴らして連絡をとり合うこともできる。
     同様のシステムは他にも存在しているが、同社長は『イチワカマル』の特徴として「通信費が安い」ことを挙げる。「安価な回線を利用することで、他社の5分の1、場合によっては10分の1で収まることもある」と主張。導入時についても、「事務所に専用PCを置く必要はない。普段お使いいただいているPCが1台あればOK」と、初期費用も安く済むことを説明する。
     端末にはボタンがついており、「配送中」「待機中」などのステイタスを示すことができ、「この機能を使えば、ドライバー側から意思表示を行うことも可能」(同社営業部・加島勲主任、写真右)。
     たとえばあるタクシー会社では、「実車」と「空車」に加えて、「他」というステイタスを設定。「実際には『空車』状態であっても、なじみのお客さんを待ったり、休憩をとったりと、事務所から呼び出しをされたくない場合に使ってもらう」とし、無駄な呼び出しによる作業ロスを軽減しているという。もちろん、「設定は各社ごとにカスタマイズが可能」で、同主任は「活用方法はさまざま。いろいろと工夫をしていただければ」と話す。
     地図ソフトとも連携しており、PC上に移動の軌跡を表示することもでき、履歴は10日分まで保存が可能。また、CTI(電話とコンピュータの連携)も標準装備されており、PC画面上の一覧から発信先を選ぶなど、便利な使い方もできる。
     なお、同システムの販売は大器システムサービス(東京都渋谷区)が務める。同社の稲田真二営業部長(写真左)は、「ドライバーの位置が分かり、呼び出せて、状況把握までできる」ことをメリットとして改めて強調。「さまざまな使い方ができる製品なので、業態に応じて使っていただきたい」と話す。価格など、詳細についての問合せは、電話03(3467)3460番、大器システムサービスまで。現在、同社では『イチワカマル』の販売代理店も募集している。(村上千秋記者)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら