Now Loading...
 
  • 製品・IT

    SBSホールディングス 「ジェネシス」川越センターに導入

    2007年7月26日

     
     
     

     SBSホールディングスは現在、物流に関するトータルソリューションシステムとして、「GENESIS(ジェネシス)」シリーズの開発を進めている。まず、WMSを先行して発表。九月に開設する同社川越センターにテスト的に導入し、他センターでも順次導入していく予定。
     同シリーズでは、WMSのほかに貨物の進捗管理システムや求車・求荷情報提供システムなども展開する予定で、川上から川下までの物流戦略をトータルでサポートする。全シリーズが出そろうのは来冬の予定。外部への販売も視野に入れている。


     同社では、これまで3PL事業を軸にセンター施設の開発・運営と足回りの運送部門、人材サービスなど、オペレーション業務を行ってきた。新たにシステムサービスを加えることで、センター運営にかかわるサービスをトータルで提供し、「3PL事業のトップをめざす」としている。(松宮志のぶ記者)
    ◎関連リンク→SBSグループ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら