Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ダンロップ 小売りショップのチェーン展開を強化

    2007年8月29日

     
     
     

     住友ゴムグループのダンロップファルケンタイヤは、小売りショップ「タイヤランド」のチェーン展開を強化。「NEWタイヤランド」と位置づけ、従来からあるトラック用タイヤ主体の「トラックセンター型」に加え、乗用車用まで幅広いタイヤを扱う「トータルショップ型」を新設した。
     06年末時点で152店舗ある「タイヤランド」を10年後には、「トラック―」で200店舗、「トータル―」300店舗まで伸ばす方針。


     マーケット自体が縮小する国内タイヤで、安全で機能性に優れた製品を開発するのはもちろん、ユーザーにとって魅力的な「付加価値サービス」を提供するため同社は、「サービス拠点網を一層充実させる」狙いだ。
     店舗カラーリングも一新。「飛び込みで来店されるお客様が増えた」と、早速の効果に笑顔を見せるのは、同社の橋本文男リテール部長(写真右)と消費財部長の橋口高志取締役(同左)。各ショップでは、「空気圧、残溝量、ホイールナットの締め付けトルク度合いなど、タイヤ管理一般を点検」しているが、「NEW―」では、特に「タイヤ交換サービス網の拡充」に力を入れる。
     「安全なタイヤをお使いいただくために、定期的な来店」を勧める。「使用頻度によるため一概には言えないが、運送事業者は、三か月に一度程度」が来店の目安という。また、各小売りショップとの連携を強化させ、「従業員の接客サービス、タイヤに関する知識・技術研修会の頻度を増やす」ことで、「顧客へのサービスレベルの向上」を掲げる。
     各タイヤメーカーでは現在、トラブルが発生した際にフルタイム体制でサポートするサービスを設置。同社の場合、「ダンロップファルケン・ネットワーク(DFNet)」を展開する。ネットワーク拠点は全国に広がっており、今回、「NEW―」を拡充することで、「DFNetも含めてサービスの充実を図るとともに、ユーザーの要望に、よりきめ細かく対応していきたい」と話す。(松宮志のぶ記者)
    falken400.jpg
    ◎関連リンク→ダンロップ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら