Now Loading...
 
  • 製品・IT

    アドアチーブ ロゴでイメージ向上「第一印象は視野から」

    2008年5月1日

     
     
     

     デザイン会社のアドアチーブ(中野由仁代表、大阪市中央区)制作部長の田原大生氏とロゴデザイナーの星野弥生氏に、ロゴマークの効力などについて話を聞いた。
     「人間の第一印象は視野からの情報」という田原氏は、「ロゴマークには企業や商品のブランド戦略を仕掛ける上で、必要不可欠なツール。企業の顔になる」と説明。「例えばトラックの荷台にキャラクターを入れるだけで、通行人はその会社のイメージを持つ。それだけ効果がある」と話す。


     同社は、平成15年に広告デザイン会社として創業。デザインのプロとしてのノウハウを生かして、ロゴデザインを提供している。さまざまな資格を保有するデザイナーは「マーケティング力」と「感性の力」を重視しているという。
     デザイナーの星野氏は「イメージを具体化させて、お客様のイメージに近づけるよう取り組んでいる」と説明。
     また、同社は客と対面することなく、業務を展開。制作事前のヒアリングはメールや電話、ファクスなどで内容を詰めていくという。星野氏は「難しく考えなくても、簡単なイメージを頂ければデザインはできる」という。
     ロゴマークの料金設定は、ライトプラン(デザイン3案)が5万円、スタンダードプラン(同6案)が9万8000円、スタンダード・プロ(15案)が19万円と、ニーズに合わせた料金プランを設定。一番人気はスタンダードプランで、注文から約2週間で納品が可能。
     田原氏は「ブランド化を考えている企業は、企業理念やビジネス戦略を考慮した上で、企画からプレゼンテーションを通し、ブランド構築のビジネスパートナーとして提案していく。気軽に申し込んでほしい」と話す。
    ad1.jpg
     問い合わせは、電話0120(917)153番。
     HPは、http://www.a-ac.jp

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら