Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    三洋電機 大型業務用機器の輸送でモーダルシフト推進

    2008年10月21日

     
     
     

     三洋電機は20日、業務用空調機、業務用冷凍冷蔵庫をはじめとする厨房機器、ショーケースやバイオメディカ機器等の大型業務用機器輸送で、トラック輸送から31フィートコンテナを使用した長距離鉄道輸送に切り替え、モーダルシフトを推進すると発表。
     その第1弾として、群馬—福岡間でヤマト運輸と共同輸送システムを構築し、10月中旬より輸送を開始した。


     同システムは、両サイドが開く集荷用大型トラック(10t)の荷台と31フィートコンテナが同じ形状・同等の積載量であることから、トラック輸送と鉄道輸送を組み合わせた大型業務用機器の輸送が実現した。
     三洋電機・東京製作所(群馬県邑楽郡)から同九州物流センター(福岡県糟屋郡)間の物流のうち、越谷貨物ターミナル駅(埼玉県越谷市)と福岡貨物ターミナル駅(福岡県福岡市東区)間、約1200kmを鉄道輸送に切り替える。往路で九州物流センターに業務用機器を納入後、復路は、コンテナにヤマト運輸福岡ベース(福岡県福岡市東区)の宅急便を積載して、福岡貨物ターミナル駅から越谷貨物ターミナル駅に戻る。
     全区間をトラックで輸送した場合に比べて1往復約3.7tのCO2を削減でき、年間では200tのCO2削減(削減効果は81%)が可能になるという。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら