Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    川口自動車工業 補助制動灯「ウルトラLED CAM」開発

    2008年11月6日

     
     
     

     川口自動車工業(川口晃信社長、大阪府守口市)はこのほど、トラックや特殊車両などに幅広く活用でき、危険回避やマナー向上に効果的な貨物自動車用補助制動灯「ウルトラLED CAM(カム)」を開発した。
     「交通事故が一向になくならない現状で、少しでも事故を防ぎたいとの思いから」と、開発の経緯を説明する川口社長。「音」「光」以外の第三の安全表示として、「文字表示板」を車載することで事故防止につなげたいとする。


     同製品は車両の後部に取り付け、通常走行時にブレーキを踏むと全点灯表示される。さらに、切り替えスイッチで、車両のバック時にブレーキを踏むと「バック注意」の文字が表示され、付近の歩行者や自転車、後続車に注意を促す。
    seigyo1.jpg
    事故防止に有効
     また、前方走行中にハザードを点滅させてブレーキを踏むと「危険・注意」の文字を表示。これは、高速道路が渋滞中のとき、前方確認が難しいときなどに有効だ。さらに、「エコ推進車」「人権尊重」なども切り替えスイッチで選択可能。制動灯は縦・横どちらでも取り付け・使用できるため、さまざまな車種に対応する。
     サイズは、横幅343mm、高さ132mm。価格は3万3600円。川口社長は「今後も『オンリーワン』の精神で、どこにもない高性能な製品を提供していきたい」と意気込む。
    seigyo3.jpg
    川口社長
     問い合わせは、電話06(6909)8086番。ホームページはhttp://www.beasys.co.jp/http://www2.osk.3web.ne.jp/~ultravan/

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら