Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    フジタ 物流・商業施設向け構法の総床面積が100万平米突破

    2008年12月22日

     
     
     

     フジタは18日、同社が開発した物流・商業施設向けの混合構造「FSRPC—B構法」を適用した建物の総床面積が100万平方mを突破したことを発表。


     同構法は柱を鉄筋コンクリート造、梁を鉄骨造とするもので、同社が1986年に開発して以来、改良を加えながら適用を進めてきた。12月5日の「(仮称)八王子石川町物流センター新築工事」の竣工に伴い、大台達成となった。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら