Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    郵便事業・日本通運 宅配便事業を統合

    2009年2月4日

     
     
     

     郵便事業(日本郵便)と日本通運は1月23日、宅配便統合プロセスを一部変更すると発表。宅配便統合準備会社であるJPエクスプレス(JPEX)が宅配便事業を継承する。
     日本通運は、JPEXとの間に宅配便事業にかかる吸収分割契約を締結し、JPEXが同事業を継承。吸収分割契約の締結は同30日を、分割の効力発生日は4月1日を予定する。分割する宅配便事業の19年度の売上高は644億4500万円。


     日本郵便は、宅配便事業を4月1日から9月末日まで段階的にJPEXに継承させ、10月1日に統合を完了させる。新ブランドは5月末をめどに決め、10月1日から事業を開始するとしている。
     なお、4月1日から9月末日まで「ゆうパック」は日本郵便がサービスを提供、サービス内容と料金は現在のまま。「ペリカン便」はJPEXが同ブランドのまま提供、JPEXが新料金を設定する。(玉島雅基記者)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら