Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    サーモキング 新機種2種を発売

    2009年2月6日

     
     
     

     サーモキングはこのほど、2つの新機種を発売。2月から順次出荷を開始する。
     薄型トレーラ用ユニット「SLX―400」は、従来製品より20%以上の燃費削減を実現。これに伴い、CO2排出量も20%削減している。高速時の騒音は最大60%カット。33kgの軽量化も実現し、積載効率の向上に寄与している。


     一方、サブエンジン型アンダーマウント冷凍ユニット「UT―1200X」は、新開発のTK376型エンジンを搭載することで、従来製品よりも低燃費(約2%改善)・低騒音を実現している。
     スクロールコンプレッサーにより、急速冷却も可能。可動部品の削減やブラシレスファンモーターの採用により、耐久性も大幅に向上。コンデンサーとエバポレーターの小型化で、こちらも軽量化、そして積載効率の向上を実現している。
    thermo1.jpg
     なお同社は、新機種の発売に合わせてデモンストレーションの実施を予定している。北海道、関東、九州各エリアのサービスショップなどで、実際に同機種を搭載したトラックを展示し、ユーザーへのアピールを図るという。
     メーカー希望販売価格(予定)は「SLX―400」が700万円、「UT―1200X」が408万円。問い合わせは、電話03(5420)0231番。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら