Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    コンテナ車の横転事故増加、固定ミスで「ずり落ち」

    2009年2月12日

     
     
     

     海上コンテナ輸送によるコンテナ転落事故が相次いでおり、業界関係者から「素人同然の事業者の参入で事故が増えている」と厳しい意見も出ている。
     1月27日、大阪市西区で海コン40フィートコンテナが中央大通りで横転。幸い、けが人はいなかったが、もし近くに車両や人が存在していたらと思うと、ぞっとする事故だ。昨年12月には、南港で同じようにコンテナが横転。神戸では、一部の警察署がコンテナ車のコンテナの積み付け機器(ツイストロック)に対する取り締まりの実施も検討されているようだ。


     関係者によれば、事故のほとんどはツイストロックを適切に行わず、これによりカーブでコンテナがシャシーからずり落ちて、車両ごと横転するという。ある事業者は、「ドライバーは単純な作業を忘れるケースが多い。作業に追われて、レバー操作だけでコンテナを安全に固定できることすら忘れて、スピードを出した結果、コンテナがシャシーからずれて車両ごと横転させてしまう」と指摘する。
     また、大ト協海コン部会に加入する事業者は、「大阪でコンテナ横転事故を起こしているのは、全て部会に加入していない事業者で、最近になって海コン輸送を始めた会社が多い。素人考えによる横着な作業が大事故を招いている」とし、「輸送を依頼する際には、部会や海コン輸送協組に加入している事業者を使用すべきだ。業界のイメージダウンにもつながることから、警察も事故を起こした事業者は徹底した取り調べを行って欲しい」と話す。
     海外から輸入されてくるコンテナは、コンテナ内部の荷物の積み付けも不十分なケースが多い。さらに、トレーラヘッド部分はドライバーの疲労防止のためにエアサス車が大半。加えてシャシーのツイストロックをオフのままで走行すれば、荷物もコンテナ自体も不安定となる。(佐藤弘行)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら