Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    軽急便 「エンジニアドライバー」を増強してサービス拡充

    2009年2月18日

     
     
     

     軽急便(松尾民博社長、名古屋市中区)は輸送だけではなく、技術スキルを持ち合わせたエンジニアドライバーの増強を図り、サービス範囲を拡大する。ドライバー育成は、提携業者も同様にノウハウを共有化する。
     同社の顧客は全国展開する企業が多く、そのニーズに応えるネットワーク強化が狙い。昨年末までに16社と契約し、全国ネットワークを構築。提携業者とのスキルを均一化してニーズに応える。


     現在、7か所の配車センターを東京、名古屋の2か所に集約。24時間・365日体制をとっている。
     受注から、配車GPSを利用し、請求書発送までの一貫システムは開発から5年を経て改良が重ねられた。自社の配車センターだけでなく、提携各社に加えて一部顧客にも同システムを開放する。松尾社長は「一致団結して挑戦していきたい」と語っている。(戸嶋晶子記者)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら