Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    神戸市のモーダルシフト事業 CO2を2万t削減

    2009年4月30日

     
     
     

    【兵庫】神戸市はこのほど、よりCO2排出量が少ない海上輸送に変更(モーダルシフト)した民間事例への補助事業で、2万t弱のCO2排出が削減されたと発表。副次的に貨物を神戸港へ集荷する効果も見られたとしている。


     事業は、「神戸市モーダルシフト補助制度」で、神戸港を経由して輸出入され、瀬戸内地域などが発着地のコンテナを内航船で移出入する(内航フィーダー)貨物が対象。内航フィーダーに移行する以前は陸上輸送だったもののほか、新規に発生した海上貨物にも補助された。補助額は10件で1828万円。
     CO2削減量は事業全体で1万9290t、もっとも削減量が多かったのはマースクと井本商運が神戸―大分港間で手がけた事業で、7120tだった。また、貨物を神戸港に集荷する効果もあったと同市はみており、事業全体で42万t(2万500TEU)が新規に発生したという。
     同市は、補助事業を06年度から実施しており、09年度も同様の事業を計画している。(西口訓生記者)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら