Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ムービング 中小の引越事業者対象のポータルサイトを開設

    2009年6月26日

     
     
     

     中小の引越事業者を対象としたポータルサイトが立ち上がった。見積もりデータを安価で提供する一方、引越利用者へのアンケートを行う満足度調査を実施し、豊富な経験や高い品質を備えた事業者が優位性を保てる仕組みを導入。6月からパソコン版、携帯版のサイトを同時にスタートさせた。登録料は無料で、先着50社は3か月間見積もり依頼などのサービスが無料で受けられる。


     サイトをオープンさせたのはムービング(小松信幸社長、東京都文京区)で、同社は「引越業専門支援会社」として昨年10月に設立。同社がオープンさせたのは、ファミリー向けの「私たちの引越し比較」、女性単身者向けの「私の引越し比較」の2サイトで、PCだけでなく携帯での利用も可能にした。 
     サイトで見積もりを依頼してきたユーザーのデータを、登録した引越事業者に有料で提供する。案件の紹介は課金制となっており、前払いでは顧客情報1件当たり280円、後払いでは同300円となっている。
     同社の場合、あらかじめ予算を決めることが可能で、例えば毎月10万円を広告予算と決めた場合、10万円までの見積もりデータが届き、それを超えた案件は送られてこない。成約率を考慮しながら、予算内での営業展開が可能になるという。
     また、同サイトは満足度調査という同社独自のサービスが導入されている。これは、実際に引っ越しを利用したユーザーへメールでアンケート調査を実施、その結果をサイト上で公表するというもの。過剰な価格競争を防止するとともに、悪質業者の排除という狙いがある。
     小松社長は現在、同事業と並行してリフォーム業者の支援を手掛けているが、リフォーム業も以前、悪質業者が報道されたことで業界全体がイメージダウンを被ったという。一般消費者を相手に営業するという意味では、引越業もリフォーム業と似ており、悪質業者の存在が指摘されている。今回、同サイトをオープンさせたのも、「悪質業者を排除しなければ、業界のイメージダウンにつながる」との懸念があったからだという。
     満足度調査を導入することで、顧客が実際にユーザーの声を参考にして、引越会社の選定ができる。引越事業者にとっても、同サイトでの評価を高めれば成約率が上がると考えられ、顧客サービスの向上につながる。
     「中小企業でも価格、品質ともに、改善の努力を惜しまず創意工夫する事業者が、生き残っていける業界こそ本来の姿であるはず」と話す小松社長は、中小引越事業者の支援にさらに力を入れる。
     同サイトに興味のある方は、http://www.myhikkoshi.com/、または電話03(3868)9623番まで。(高田直樹記者)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら