Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    センコー 第1四半期連結、営業収益520億円

    2009年8月18日

     
     
     

     センコー(福田泰久社長、大阪市北区)は7月30日、平成22年3月期の第1四半期決算を発表。連結業績は、営業収益520億900万円(前年同期比1.6%減)、営業利益13億7000万円(同0.6%増)、経常利益14億1500万円(同1.8%増)、純利益4億8700万円(同29.2%減)となった。


     同社グループは中期経営3か年計画の最終年度として、「流通SCM」の提供により、量販店や小売り物流を中心とした業務開拓を推進してきた。また、新たな物流拠点として千葉県船橋市に「船橋ファッションロジスティクスセンター」を開設。
     新拠点の開設や新規連結による増収効果はあったが、既存物量が落ち込み営業収益は減収となった。利益面は、コストの削減や見直しで増益となったが、純利益は物流拠点再編コスト並びに過年度損益修正など特別損失の計上で減益となった。
     同社は今後、生産性向上を基軸としたローコスト化に向けたさらなる効率化の推進、低採算事業の改善を継続して推進することで収益確保に努めるとしている。(中野秀一記者)
    ◎関連リンク→センコー

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら