Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    エネルギー使用合理化支援事業 24の計画を認定

    2009年8月31日

     
     
     

     国交省は24日付で、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施するエネルギー使用合理化事業者支援事業(2次募集)について、申請のあった営業倉庫およびトラックターミナルなどにおける「省エネ設備・技術導入計画」を認定した。


     営業倉庫は15事業者(普通倉庫11事業者、冷蔵倉庫4事業者)で、計画事業費計3億9280万円に対して補助金総額は1億3000万円。トラックターミナルなどは9事業者(トラックターミナル1事業者、一般貨物自動車5事業者、貨物利用運送2事業者、フォークリフトのリース1事業者)で計画事業費計1億3000万円に対し、補助金総額は4300万円。

     今後は認定された計画に基づき事業者がNEDOへ補助金交付申請を行い、10月下旬にNEDOの正式な交付決定を受け事業が開始される。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら