Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本貨物航空「空飛ぶ車イス」を今年も支援

    2009年11月19日

     
     
     

     日本貨物航空(NCA、千葉県成田市)は18日、再生した車イスをアジアへ届けるボランティア活動「空飛ぶ車イス」を今年も支援。全国の高校から集められた再生車イス100台を、成田空港からバンコク国際空港に輸送した。


    1118nca2.jpg
     「空飛ぶ車イス」とは、約20年前に関東の工業高校で始まったもので、日本で使用しなくなった中古の車イスを集め、生徒達が整備・再生し、車イスが不足して困っているアジアの諸国へ届ける運動。
     NCAでは、2年前から同活動の支援に参加し、日本からバンコクまでの航空輸送を担当している。昨年はこの取り組みを「スマイルロジスティックス」と名付け、初めて40台の輸送を実施。今年は更に活動範囲を広げ、100台を輸送した。
    1118nca1.jpg
     バンコクに届けられた再生車イスは、最終的にタイ北部バンコクから約150kmの街「ロップリ」へ輸送され、タイ障害児財団を通じ、車イスを必要としている人たちに届けられる。
     同社では、「今後も積極的に社会貢献活動の充実に努め、人と地球にやさしい活動に取り組んでいく」としている。
    関連リンク→ 日本貨物航空株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら