Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    カンガルーお買い物サービス 業務エリアを拡大

    2009年12月11日

     
     
     

     西濃運輸(那須野昌隆社長、岐阜県大垣市)は1日から、スーパーなどの小売業と契約し利用者宅に商品を運ぶ「カンガルーお買い物サービス」を全国の政令指定都市に拡大した。
     これまで東京、愛知、大阪を中心とした地域のみの展開だった業務エリアを大幅に拡大。これに伴い、営業本部内に「お買い物サービス推進室」を新設した。


    
 同サービスは、利用者がスーパーに来店して買い物した商品を受付カウンターに預け、指定された時間に自宅まで折りたたみコンテナで届ける「お買い物サービス」と、利用者がインターネットなどで注文した商品を配送する「お買い物代行サービス」の2種類がある。
     配送の際は3つの温度帯で品質管理を行う。小売り側にとっては、高齢者や働く女性らの負担を減らすことで、客単価の上昇や競合店との差別化を図るメリットがある。
     拡大エリアは札幌市、福岡市など9市。新たな専門部署は西濃運輸から6人、北海道西濃運輸から1人を増員し14人体制とした。
    ◎関連リンク→ 西濃運輸株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら