Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    成田で大型競売開催 トラックが高値落札

    2010年3月25日

     
     
     

     世界最大の産業機械オークション会社リッチーブラザーズ・オークショニアーズが千葉県成田市に常設オークション会場を開設し、1月末に初競りが行われた。
     世界31か国から550人が参加し、約300台のショベルカーやユンボなどの建機は完売した。


    0325ri.jpg
     同社は世界25か国に110か所以上の拠点を持ち、成田会場も含めた41か所のオークション会場を所有。2009年の総売上高は35億米ドル、入札登録者数は33万6000人、取引品数は年28万3000品目に及ぶ。
     成田会場は総面積6万6773平方m、大型スクリーン2つと570席の座席を備えている。ネット入札も可能で、海外のバイヤーもリアルタイムでオークションに参加する。
     同社のマイク・スコット氏(写真)は、「出品カタログを9か国語で作成し、約8万9000部も世界各地のバイヤーに送付している」と語る。
     オークションは、アンリザーブド・オークションと呼ばれ、誰でも参加できる無条件方式。このため、「しがらみなく、最高落札者に販売されることが保証されている。その代わり、最低価格の保証もない」という。
     また、「すべて自己責任」のため、「入札前に自分の目で出品車両の状態を確認する必要がある。事前に整備担当者を連れて来場し、チェックする方が大半」。落札されると、出品者が15%の手数料を同社に支払う。
     入札には登録が必要で、100万円を保証金として同社に預けると資格が得られる。「もちろん、何も購入されなかった場合は全額返金する」。
     今回は、わずかだがトラックの出品もあり、「落札価格が20万円と予想されていた20年前のトラックが、インドネシアとフィリピンのバイヤーが最後まで競り合い、最終的に190万円で落札された」という驚きの結果。
     スコット氏は、「公開オークションなので、すべてがフェア。高くトラックを売りたい時に活用してほしい」と語る。
    0325r.jpg
     この広大なオークション会場を開発したのは、物流施設の開発で知られるエム・ケー(東京都日野市)。地権者への合意形成や開発許認可の取得、建設工事の請負など、あらゆる業務を受託。竣工までに2年半を要したという。
     開発企画部の渡辺雄一郞部長(写真)は、「日本と欧米の商慣習の違いや、想像を超える難関も多々あったが、いまは強い達成感を感じている」とし、「初競りで盛り上がっている会場を見たときは、目頭が熱くなった」と語る。
    ◎関連リンク→ リッチーブラザーズ・オークショニアーズ
    ◎関連リンク→ エム・ケー株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら