Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    LED照明で環境に注力 大阪センコー運輸整備

    2010年4月16日

     
     
     

     地球環境保全に対する意識の高揚から、企業として重要なキーワードとなるのが「省エネ」への取り組み。大阪センコー運輸整備(大阪府摂津市)ではこのほど、本社事務所の蛍光灯を直管型LED照明灯に交換。LEDの省エネ・長寿命という特長を生かし、CO2削減や労働災害防止に役立てている。


    0416s1.jpg
     本社事務所の蛍光灯をLED照明灯に交換したもので100本導入した。同社管理部安全担当課長の峰森吉和氏は「イニシャルコストはかかるが、長寿命で省エネ。先を見越せばコストパフォーマンスは優れている」とし、「いち早く導入したかったということや、良いと思ったことはどんどん採用するセンコーグループのDNAが導入の契機となった」と説明する。LED照明灯は、長寿命・省エネだけでなく、すぐに明かりが点灯するなどの利点が。また、LED自体が熱を発生しづらいため、空調コストの削減にもつながる。
     同社は、労働災害の抑止にも着眼。峰森氏は「高い位置にある照明を交換する際、蛍光灯を落としたり、転落などで労災につながるケースがある。長寿命の利点を生かし、交換の手間や災害を減らせる」と考えた。
    0416s2.jpg 様々な場で交通安全対策について講演を手掛ける峰森氏。「厳しい時代だからこそ同業者と協力し、リスクを小さくして共に取り組むことが大切。今回のLEDも積極的に披露していきたい」と交通安全対策をはじめ地球環境対策も積極的に推進している。
     自家用車もハイブリッドカーのプリウスに乗車し、「環境に貢献することが私のステータス」と語る同氏。今後の取り組みについて「倉庫や高位置にある照明をはじめ、追尾式や人体センサーの照明なども、積極的に採用していきたい」とし、「お客様に、より感動を与えられるサービスにつなげていく」と語る。
    ◎関連リンク→ 大阪センコー運輸整備株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら