Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    運輸労連 定期大会に700人集う

    2010年7月15日

     
     
     

     運輸労連は7、8の両日、東京・浅草公会堂で「第43回定期大会(中間年)」を開催。約700人が参加した。


    0715un.jpg
     山浦正生中央執行委員長(写真)はあいさつで、今期の春闘について「賃金低下の阻止と格差是正の観点から、1歳・1年間の社会的な水準を初めて明らかにして賃金水準・賃金カーブの維持の開示を行い、闘いを展開した。結果、おおむね賃金カーブの維持分の確保、賃金デフレの流れを押し返す効果があったが、中小や地方への社会的な波及効果の観点では課題を残している」と説明。
     また、「トラック運輸産業では、昨年実績に対し若干プラスにはなったが、昨年が一昨年に対してマイナスの状況にあったので、格差の縮小につながっていない」と述べた。さらに、駐車禁止取り締まりにも触れ、「営業用トラックに対する適用除外や、貨物車専用パーキング・荷捌きスペースの拡充などの要請を行い、一定の理解は示されたが、具体的には今後の検討となっている。厳しい首都圏対策などは、東京都連の取り組みと連携を密にしながら進めていく」とした。暫定税率や高速道路料金問題など、主要課題についても述べた。
    ◎関連リンク→ 全日本運輸産業労働組合連合会(運輸労連)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら