Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    TLロジコム 参院議員会館にデリバリーセンター

    2010年7月15日

     
     
     

     SBSグループのティーエルロジコム(鎌田正彦社長、東京都墨田区)は、1日に開館した参議院新議員会館(東京都千代田区)にデリバリーセンターを開設。館内外への宅配・郵便物を一括管理して共同集配する館内物流業務を開始した。


     新議員会館では毎日、膨大な数の宅配・郵便物の着・発送があり、周辺の交通渋滞や荷捌き場、違法駐車、館内エレベーターの混在などに加え、セキュリティレベルの低下が問題視されていた。
     同社のデリバリーセンターは7人体制で、着荷は警備会社のX線検査後、すべて同センターで受け取り、センターの館内スタッフが各室へ配達。発送は逆ルートで行う。
     部外者を館内に立ち入らせないことでセキュリティを確保し、センターで荷物を集約した共同配送で様々な混雑や問題点を解消し、環境負荷低減も図る。
     なお、ティーエルロジコムが子会社化したビクターロジスティクスが1日付で社名を変更。新社名は「VLロジネット」。
     また、ティーエルロジコムは6月30日、東京都江東区新砂に新社屋を開設。新社屋には従来の新砂支店と川崎支店が統合し、「新砂支店」として1日から営業を開始している。
     新社屋は2階建ての鉄骨構造で、敷地面積7780平方m、延べ床面積854平方m、1階は倉庫で470平方m、事務所などがある2階は384平方m、駐車場は10トン超大型車50台分を含む約90台分を確保。住所は東京都江東区新砂1─13─11。
    ◎関連リンク→ ティーエルロジコム株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら