Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    セブンーイレブンがロジスティクス大賞を受賞

    2010年11月1日

     
     
     

     日本ロジスティクスシステム協会(西田厚總会長、東京都港区)は10月19、20の2日間、同墨田区の国際ファッションセンタービルで「ロジスティクス全国大会2010」を開催。20日には、ロジスティクス大賞の表彰式も行われた。
     大賞を受賞したのはセブンーイレブン・ジャパン。受賞内容は「店舗までのフローズン物流の仕組みの見直しを行い『物流品質・サービスレベル向上』と『合理的コスト低減』の実現」。


     同社はアイスクリームを重要商品と位置付け、フローズン共配システムの改革を実施。保冷シッパーの導入やそれに伴うコストの問題、共配センターの統廃合・再構築、仕分け方法の変更など、段階を踏んで問題解決していく工程と改善による効果を分析した。
    1029-1.jpg
     そのほか、ロジスティクス大賞・奨励賞はロジスティクス・プランナーの「中四国エリアにおける冷食メーカー3社とロジスティクス・プランナーの共同配送による環境負荷低減とコストダウンへの取り組み」が、同・経営革新賞は春うららかな書房の「『出版流通革新』への挑戦・情報と物流の高度化による、高付加価値リテールサポートの実現へ」が受賞。表彰式に続き、3社の記念講演が行われた。
     さらに、先進企業9社の事例も発表。「経営」部門のTOTO、STARLECS、スクロール360、「環境」部門のブリヂストン、トランコム、サントリーホールディングス、「グローバル」部門の三菱倉庫、コマツ物流、デサントの各社が、それぞれの取り組み内容について説明した。
    ◎関連リンク→ 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら