Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    佐川急便 JR博多シティの館内物流業務を受託

    2011年5月27日

     
     
     

     佐川急便は12日、「JR博多シティ」内の館内物流業務を博多ターミナルビル(丸山康晴社長、福岡市博多区)から受託したと発表。
     JR博多シティは、東急ハンズをはじめ230の専門店ゾーン「アミュプラザ博多」、九州初出店の百貨店「博多阪急」、日本最大級のレストランゾーン「シティダイニングくうてん」のほか屋上庭園、イベントホール、会議室などを備えた九州の新たなランドマークとして3月3日にオープン。


    0523-4.jpg
     佐川急便では、九州自動車道・福岡IC近くの同社福岡流通センター(福岡市糟屋郡粕屋町)の一部をJR博多シティ向け物流拠点として運用することで、全国から送られてくる荷物を同センターに搬入し、一時保管。店舗ごとに仕分けて定期的にJR博多シティ地下の物流センターに持ち込み、各店舗に配達する。
     百貨店向けには子会社のワールドサプライが納品業務を代行。1日当たり100台の納品トラックを25台に集約するなど、「納品車両の大幅な削減と待機時間の短縮を実現し、JR博多駅周辺の環境負荷軽減や渋滞緩和に貢献する」という。
     また、業務提携しているニチレイロジグループの福岡クールセンター(同東区)を活用し、冷凍・冷蔵商品の一時保管と配送を展開。必要在庫のピッキングで店舗からの注文に対応する。さらに、アミュプラザ博多内に「宅配カウンター」を設けた。
    ◎関連リンク→ 佐川急便株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら